スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「お菓子放浪記」製作日誌Vol.11  宮城県民の会 発起人会が開催されました

6月10日、仙台市青葉区の仙台商工会議所で映画「お菓子放浪記」製作と上映を支える宮城県民の会発会に向けて発起人会が開催されました。


当日は、撮影地となる石巻市や登米市、大崎市、富谷町、村田町の首長を始め発起人18名が出席し、宮城から全国へ発信される、映画の製作支援から上映に至るまでを、県民運動として活動していくことを確認致しました。


発起人を代表して、東北経済産業局の数井局長は「映画は人生の疑似旅行のようなもの。お菓子の持つロマンを多くの人に届けたい。」と熱い思いを語り、また、登米市の布施市長は「地元の人でも気が付けないものを発見出来る機会。地域の隠れた力を引き出すことが出来る。」と地域活性化に対する意欲を語りました。


一人一人の県民の思いが重なり、それがひとつの大きな輪となってこの作品に注ぎこまれようとしています。


7月30日(金)には、宮城県民の会発会総会と製作発表会が開催されます。製作発表会には、原作者 西村滋氏、監督 近藤明男氏、主な出演者をお招きして、いよいよ映画「お菓子放浪記」の製作がスタートします。
これからは、出演者オーディションやエキストラの募集など随時発表していきます!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。